京都大学⾼等教育研究開発推進センター 京都大学⾼等教育研究開発推進センター

“Faculty Development and Learning Spaces at the COVID era and beyond: lessons from abroad”

講師:ジョン・オージェリ(パリ・デジタル大学)

ジョン・オージェリ氏は、教育・学習についての実践・ツール・環境を専門とする研究者であり、実践者でもある。パリ・デジタル大学の共同創設者であり、フランス高等教育研究・イノベーション省の専門家でもある。2009年からパリ地区全体のFDの取り組みを動かし、2016年からは学習空間の国際比較研究を実施しており、それについては、国際レベルで50以上の講演を行っている(その中にはEDUCAUSE大会での8講演も含まれている)。

ヨーロッパ、北米、東南アジア、オセアニアで活動しており、いくつかの国際的な研究グループ(EDUCAUSE、ELI、HERDSA、A4LE、TCC、FLEXspace)に参加している。日本の客員研究員として6回招かれ、現在は京都大学に滞在しており、2018年よりEDUCAUSE Horizonの専門家パネルのメンバーを務めている。

 

John Augeri(Ile-de-France Digital University)

John Augeri is a researcher and practitioner specialized in Teaching & Learning practices, tools, and environments. Co-founder of the Ile-de-France Digital University and expert at the French Ministry of Higher Education Research and Innovation during 5 years, he’s running a region-wide Faculty Development initiative in Paris area since 2009, and manages an international comparative study of Learning Spaces since 2016, regarding which he has given 50+ talks at the international level (including 8 talks at EDUCAUSE conferences).

John is active in Europe, North America, South East Asia and Oceania, and is involved in several international workgroups (EDUCAUSE, ELI, HERDSA, A4LE, TCC, FLEXspace). He has been invited six times as visiting researcher in Japan, currently staying at Kyoto University, and is a member of the EDUCAUSE Horizon panel of experts since 2018.

概要

COVID-19 の大流行は、高等教育にとってこれまでにない諸課題を提起し、教育・学習実践だけでなく、短期的にも長期的にも学習領域の境界のありかを、よりグローバルに問い直しています。FD(ファカルティ・ディベロップメント)の問題は、すべての大学にとって戦略的な資産となり、パンデミック後の時代に実施される対面の教育実践の性質にも影響を与え、新しい物理的な学習空間のあり方についての問いを投げかけています。

このセミナーでは、海外での経験から得られた洞察を通して、以下の2つの基本的なトピックについて議論します。まず、2009年にパリ地区で開始されたパリ・デジタル大学の地域レベルのFDの取り組みと、パンデミックに直面した2020年の間に経験した進化について紹介します。また、2016年以降実施されてきた学習空間の国際比較研究を用いて、将来のキャンパス戦略における学習空間の位置づけを予想し、COVIDの時代から創出される教育・学習実践を支援する方法についてお話しします。

The COVID-19 pandemic raised unprecedent challenges for Higher Education, questioning not only the Teaching & Learning practices, but more globally the boundaries of the learning territories on the short and potentially long term. The Faculty Development matter became a strategic asset for all universities in order to face those immediate and upcoming changes, that will also impact the nature of the face-to-face practices to be conducted in the post-pandemic era, setting the question of the innovative physical Learning Spaces.

This seminar will discuss these two fundamental topics through the insight of foreign experiences. It will present the Ile-de-France Digital University region-wide Faculty Development initiative launched in Paris area in 2009, and the evolutions it experienced during 2020 to face the pandemic. It will also use an international comparative study of Learning Spaces conducted since 2016 to forecast their position in the future campus strategies, and outline the way they may support the Teaching & Learning practices to emerge from the COVID era.

日時
Date

2021年3月5日(金)10:00~12:00

Friday, march 5th, 2021 @10:00am-12:00pm

場所

Venue

Zoom

※お申込みいただいた方にメールでURLを通知します。

* The Zoom URL will be sent to your registered email address.

言語

Language

英語(同時通訳なし)

English

参加費

Fee

無料

Free

申込方法

Pre-Registration Deadline (required)

申込みフォームより事前にお申し込みください。
(締切:3月4日(木))

Please fill in Registration Form.
(Due date: Thursday, March 4th)

お問合せ

Contact

 京都大学高等教育研究開発推進センター事務室
 e-mail:550center[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
 ※[at]を@に置き換えてください。

Office of the Center for the Promotion of Excellence in Higher Education, Kyoto University 
(e-mail:550center[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)
*Please change [at] to @.

 

top