京都大学 高等教育研究開発推進センター 相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る

相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る
相互研修型FD共同利用拠点 ホーム > 4レベルにおける連携 > 全国拠点

全国拠点

 本センターは、全国の大学・教員によるFD研究・実践の交流の場を設け、情報の集約・共有をおこないます。また、全国各地のFDネットワークの間に連携関係を構築するとともにFD活動に携わる若手研究者を組織化し、支援します。

大学教育研究フォーラム
本センターの 主催で毎年3月に開催します。平成26年度までに21回を数え、毎年600名を超える参加者が全国から集います。これにより、全国の大学・教員によるFD・教育改善に関する最新の取り組みや情報を集約し、参加機関の相互の情報交換・相互研修をはかります。また、これまでのフォーラムの発表論文集はアーカイブ(発表原稿)に掲載しています。
第21回(2014年度)】【第20回(2013年度)】【第19回(2012年度)】【第18回(2011年度)】【第17回(2010年度)
大学生研究フォーラム
本センターと財団法人電通育英会との共催で年1回、開催します。これにより、キャリア教育を含めた教育改善やFDを学生の視点から考えていく機会を提供し、正課・正課外活動に広く関わる学生支援についての情報の集約・共有をはかります。
2014年度】【2013年度】【2012年度】【2011年度】【2010年度
MOSTフェローシッププログラム
特徴ある授業実践や教育改善をおこなっている全国の大学教員を募集し、1年間かけて教員コミュニティの中でそれぞれの実践に取り組む「MOSTフェローシッププログラム」を提供しています。MOSTフェローは対面のミーティングやオンラインでの交流を通じて活動し、大学教育研究フォーラムでその成果を発表するとともに、インターネットを通じてその取り組みを公開します。
第3期MOSTフェローの活動成果】【第2期MOSTフェローの活動成果】【第1期MOSTフェローの活動成果
FDネットワーク代表者会議(Japan Faculty Development Network : JFDN)の開催
全国各地に存在するFDネットワーク等の代表者が集まり、FDネットワークに関する情報交換・相互の連携関係の構築をめざします。平成20年9月に開催した第1回会合では全国8つのネットワーク等の代表者が、平成21年9月に開催した第2回会合では全国13のネットワーク等の代表者が集い、日本におけるFDネットワークおよびFD活動の現状や課題等について議論を交わしました。
2014年度】【2013年度】【2012年度】【2011年度】【2010年度
若手FD研究者ネットワーク(Japan Faculty Development Network for Junior Researchers : JFDN Jr.)(終了プロジェクト)
全国の各大学においてFDを企画・推進する若手研究者を組織化し、問題点や成功事例を共有することで、FD推進のための情報交換、実践研究、および情報発信をおこなうことを目指します。定期的な研究合宿の実施、メーリングリストの運営、メールマガジンの発行等を通して、オフライン・オンライン双方の交流を展開しています。

top of this page
Copyright ©2010 Center for the Promotion of Excellence in Higher education, KYOTO UNIVERSITY. All Rights Reserved.