京都大学⾼等教育研究開発推進センター 京都大学⾼等教育研究開発推進センター

"What makes community-engagement meaningful for students"

講師:ダフィナ・ゴラン(エルサレム・ヘブライ大学、イスラエル)

ダフィナ・ゴラン教授は、エルサレム・ヘブライ大学法科大学院で人権について教鞭を執られ、コミュニティ・エンゲージメントに関わる講義を推進するために2006年に創設された「社会変革のためのキャンパス・コミュニティ・パートナーシップ」のディレクターも務めている。近著に、2018年に出版された”Hope on the Margins of the Campus- Palestinian and Israelis in Jerusalem”がある。

Prof. Daphna Golan(Hebrew University of Jerusalem, Israel)

Professor Daphna Golan teaches human rights at the Law School, The Hebrew University of Jerusalem. Prof. Golan is the director of Campus Community Partnership for Social Change. The Partnership, founded in 2006 promotes community-engaged courses throughout Israel. Her recent book – Hope on the Margins of the Campus- Palestinian and Israelis in Jerusalem, has been published in Hebrew in 2018.

概要

最近の研究で私たちは、高等教育を修了してから5〜10年が経っているイスラエルの若者たちを対象として、「学生時代にコミュニティ・エンゲージメントの中で何が有意義だったか」について尋ねた。その結果、有意義な経験を確立するために最も貢献した要因は、「ピア・グループ」であることが判明した。「ピア・グループ」は、自己省察・支援・意味付けの場として彼らに記憶に留められていた。本セミナーでは、以下の4つのコミュニティ・エンゲージメントに関わる講義をベスト・プラクティスとして紹介する。

1. コミュニティー通訳:学生による病院での通訳
2. アートと行動実践:学生・教員・住民による鉄道公園の建設
3. 性的暴力の予防教育:学生による高校でのワークショップ開催
4. Liftaを守れ:緑豊かな村の保護

コミュニティ・エンゲージメントに関わる講義の授業は、ほぼ全てのユダヤ人とアラブ人の学生たちにとって、初めて「相手」と話すことができる「安心して互いから学び合えうために最適な場」として価値あるものとして捉えられている。

In a recent study, we ask young Israelis 5-10 years after completing their higher education, what was meaningful for them in their community- engagement as students. We found that the most important factor that contributed to the establishment of a meaningful experience: was the peer group. The peer group was remembered as a place for self-reflection, support, and meaning. I will present four best practices of Community-Engaged Courses:

1. Community Interpreting – students translating in hospitals.
2. Art and Activism- students, faculty and residents building the railway park
3. Education for prevention of sexual violence- students facilitating workshops in high schools.
4. Save Lifta-conserving the green village.

The classroom of community-engaged courses is valued by students, as a safe heaven, where they can learn from each other. For most Jewish and Arabs students– the first time they ever talked to the “other”.

日時
Date
2019年4月18日(木)13:00~14:15(受付12:45~)
Thursday, April 18th, 2019 @1:00pm-2:15pm (Registration starts at 0:45pm.)

場所

Venue

京都大学吉田南1号館2階201号室

No, 201, Yoshida-South Campus Bldg No 1
Administration Office Yoshida-South Campus
Center for the Promotion of Excellence in Higher Education

言語

Language

英語(同時通訳なし)
English

参加費

Fee

 無料

Free

定員

Registration

20名(先着順)

First 20 arrivals

申込方法

Pre-Registration Deadline (required)

申込みフォームより事前にお申し込みください。
(締切:4月17日(水))

Please fill in Registration Form.
On-site registration is also available.

お問合せ

Contact

 京都大学高等教育研究開発推進センター事務室
 e-mail:550center[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
 ※[at]を@に置き換えてください。

Office of the Center for the Promotion of Excellence in Higher Education, Kyoto University 
(e-mail:550center[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)
*Please change [at] to @.

 

top