KoALA

主に京都大学の学生に向けて提供しているオンライン講義・教材・学習環境です。

概要

KoALA(Kyoto University Online for Augmented Learning Activities)は、2018年度から京都大学が提供を始めたオンライン講義・教材・学習環境(SPOC:Small Private Online Courses)の愛称です。

KoALAは講義映像や課題をオンラインで配信するという点で、MOOCと同じですが、利用言語として日本語が選択でき、主な受講者として京都大学の学生を想定している点で異なります。ログインには教職員・学生アカウント(SPS-ID/ECS-ID)を用いることができるので、面倒な登録の手間がいらず、また、個々の受講生の学習状況を把握することができます。

KoALAを利用することで、反転授業に代表されるブレンド型学習の環境を提供することができ、実際に、同様のシステムを用いた授業実践の事例が国内外の大学で複数報告されています。今後、KoALAが京都大学学生の主体的・能動的学習を加速・後押しすることが期待されています。
なお、学外の方にも利用して頂くことができます。

・KoALA(SPOC)とMOOCの違い、KoALAとOCW、PandA(LMS)の違いについてはこちら(FAQ)

現在配信されている講義

これまでに配信された講義

KoALAを活用するメリット

  • 反転授業や予復習のための、ブレンド型学習環境を京大の学生に提供することができます。
  • 講義ビデオのみ、課題のみといった形で、授業で用いる教材の一部のみを提供することも可能です。
  • 英語ももちろん可能ですが、日本語でも教材を作成し提供することが可能です。
  • 一度教材を制作すれば、次回以降は必要箇所を追加・修正するだけで済みます。
  • 個々の受講生あるいは受講生全員の学習進捗状況をリアルタイムで把握することができます。

関連ページ

関連ページ(外部サイト)

その他のICTを活用した教育プロジェクトはこちら

  • MOOCMOOC
  • OCWOCW
  • PandAPandA
  • MOSTMOST