京都大学 高等教育研究開発推進センター 相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る

相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る
相互研修型FD共同利用拠点 ホーム > 4レベルにおける連携 > 国際拠点

国際拠点

 本センターは、海外のFD関連組織やFD研究者・実践者との交流・共同研究を進めることで、国内外の連携を活性化させるとともに、FDに関する研究・実践の国際的動向の把握に努めます。これによって、相互研修型FDの理論・実践に関する研究を推し進め、その成果を国内外に広く公開し発信します。

国際シンポジウム・パネルディスカッションの開催
FDに関する国際的な研究動向と最新の情報を共有するとともに国際交流をはかるべく、国内外の著名な研究者・実践者を招聘し、国際シンポジウムやパネルディスカッションを開催します。本センターでは、これまで以下のような国際シンポジウム・パネルディスカッションを開催しました。

〔シンポジウム〕
MOOC時代の大学教育改善」(平成27年1月19日)
講演者・パネリスト:ロバート・ルー、飯吉 透、松下佳代、美濃 導彦、竹村 治雄

〔シンポジウム〕
学習のための、学習としての評価―PBLとMOOCにおける学習評価の可能性―」(平成26年10月8日)
講演者・パネリスト:エリック・マズール、飯吉 透、松下佳代、溝上慎一

〔シンポジウム〕
学位プログラムをどうデザインするか?―歴史学分野におけるチューニングの事例から―」(平成26年9月1日)
講演者・パネリスト:ダニエル・マッキナーニー、深堀聰子、松下佳代、溝上慎一

〔シンポジウム〕
学生の学びをどう記録し分析するか−MOOCs、アクティブラーニングとLearning Analyticsをめぐって−」(平成26年1月26日)
講演者・パネリスト:フィリップ・ロング、飯吉透、美濃導彦、鳥居朋子、溝上慎一

〔ワークショップ・パネルディスカッション〕
深いアクティブラーニングを創発させる学習評価とテクノロジー −Learning Catalyticsを中心に−」(平成25年10月10日)
講演者・パネリスト:エリック・マズール、松下佳代、飯吉透、酒井博之

〔シンポジウム〕
ネットワーク時代の大学教育改善−学びと教えの相互進化を持続させる−」(平成25年1月27日)
講演者・パネリスト:ランディ・バース、エリザベス・バークレイ、大塚雄作、松下佳代、飯吉透、溝上慎一、田口真奈、酒井博之

〔シンポジウム〕
ピア・インストラクションによる アクティブラーニングの深化」(平成24年10月10日)
講演者・パネリスト:エリック・マズール、松下佳代、飯吉透、溝上慎一

〔講演・パネルディスカッション〕
大学教育におけるポートフォリオの活用ー授業改善からカリキュラム改善へー」(平成24年2月12日)
講演者・パネリスト:ダニエル・バーンスタイン(Daniel Bernstein)、酒井 博之、平山 朋子、土井 智晴、小川 勤、栗田 佳代子、飯吉 透

〔シンポジウム〕
Deep Learningにもとづく大学教育のあり方」(平成23年12月1日)
講演者・パネリスト:フェレンス・マルトン、大塚雄作、松下佳代、溝上慎一

〔シンポジウム〕
高校/大学から仕事へのトランジション −自己形成の場としての学校教育の到来−」(平成23年2月20日)
講演者・パネリスト:ジェームズ・コテ(James Co^te´)、乾 彰夫、浅野 智彦、溝上 慎一

〔講演・パネルディスカッション〕
学士課程における科学教育の未来」(平成21年9月25日)
講演者・パネリスト:カール・E・ワイマン、坂東昌子、笹尾登

〔シンポジウム〕
日本のFDの未来ーBuilding the Core in Faculty Developmentー」(平成21年1月24日・25日)
講演者・パネリスト:メアリー・T・ヒューバー、ジェニファー・M・ロビンソン、フランク・プロチャスカ、飯吉透ほか

研究会の開催
〔2014年1月24日 研究会〕
Phillip Long先生(Professor/ Director, Center for Educational Innovation and Technology, University of Queensland)
テーマ:教員主体の教育イノベーションをどのように推進するか
於:吉田南1号館2階201会議室

〔2013年10月2日 研究会〕
Brandon Muramatsu先生(Senior IT Consultant, Office of Educational Innovation and Technology, MIT)
テーマ:Online Course Design
於:吉田南1号館2階201会議室

2012年度はこちら
2011年度はこちら
2010年度はこちら

海外調査
Open Education Conference参加
◆訪問の概要
日 程:2013年11月6日〜8日
訪問者:飯吉透、酒井博之
訪問先:ユタ州パークシティ
目 的:MOOCs、オープンエデュケーションに関する動向調査

2012年度以前の海外調査の記事はこちら

海外のFD関連組織、FD研究者・実践者との交流・連携
〔アメリカ〕
カーネギー教育振興財団(The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching)
マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)
インディアナ大学(Indiana University)
〔カナダ〕
マギル大学(McGill University)
〔韓国〕
ソウル大学(Seoul National University)
〔中国〕
北京師範大学(Beijing Normal University)
〔台湾〕
台湾大学(National Taiwan University)   など

top of this page
Copyright ©2010 Center for the Promotion of Excellence in Higher education, KYOTO UNIVERSITY. All Rights Reserved.