京都大学 高等教育研究開発推進センター 相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る

相互研修型FD共同利用拠点〜相互性にもとづいてFDのネットワーク創る
相互研修型FD共同利用拠点 ホーム > お知らせ > 第3期MOSTフェローシッププログラム

第3期MOSTフェローシッププログラム 合宿2014(第2回ミーティング) 


日 時:2014年8月20日(水)〜8月21日(木)
■場 所:京都大学 吉田泉殿(よしだいずみどの)

2014年8月20日(水)〜21日(木)、京都大学吉田泉殿において、第3期MOSTフェローシッププログラムの第2回ミーティングが1泊2日の合宿形式にて開催されました。「MOSTフェロー」は、大学教育の実践や改善に情熱を注いでいる全国の大学教員10名で構成されています(第3期MOSTフェロー)。対面でのミーティングやMOSTを利用することで、各フェローの活動のプロセスや成果を共有しながら、1年間かけて、各自の教育実践をよりよくするとともに、教員コミュニティとしての成長も目指しています。

今回の合宿では、今年度前期に取り組んだ各自の授業実践について、作成途上のコースポートフォリオやパワーポイントを使って活動報告がおこなわれました。1日目は、各自の活動経過報告の後、夕食をとりながらのトークセッションがおこなわれました。第1期MOSTフェローを代表して、成城大学の勝又あずさ先生、金沢大学の村井淳志先生、関西外国語大学の村上裕美先生、第2期を代表して大阪工業大学の神谷健一により、MOSTフェローの経験を踏まえたお話がおこなわれました。その後、飯吉教授によるトークがおこなわれ、それらの内容について全体で議論しました。2日目はMOSTフェロープログラム後半の活動や、プログラムの今後について、グループディスカッションをおこない、グループごとの議論内容を全体で共有しました。今後、来年3月のスナップショットの完成・公開と第21回大学教育研究フォーラムでの成果発表を目指して活動を継続していきます。

プログラム(1日目)
13:30 開会挨拶
挨拶・本合宿研究会の趣旨について 飯吉 透(京都大学)
MOSTフェロー合宿プログラムについて 田口 真奈(京都大学)

13:40 セッション1
MOSTフェロー活動報告(発表・質疑応答1人20分)
司会:酒井 博之(京都大学)

亀田 真澄(山口東京理科大学 一般基礎 准教授)
大久保 麻実(明海大学 総合教育センター 特任講師)
米谷 淳(神戸大学 大学教育推進機構 教授)
辰島 裕美(金沢星稜大学 女子短期大学部 講師)
成瀬 尚志(長崎外国語大学 外国語学部 特任講師)
(休憩)
矢野 浩二朗(大阪工業大学 情報科学部 准教授)
小河 一敏(宮崎県立看護大学 准教授)
水野 邦太郎(福岡県立大学 人間社会学部 准教授)
椙本 歩美(国際教養大学 基盤教育 助教)
田中 浩朗(東京電機大学 工学部 教授)

17:30-18:30 休憩・移動

18:30 ディナーセッション
トーク1:歴代MOSTフェロー(ゲスト:第1期MOSTフェロー)
 勝又あずさ(成城大学)、村井淳志(金沢大学)、村上裕美(関西外国語大学)
トーク2:飯吉 透(京都大学)
司会:岡本 雅子(京都大学)


プログラム(2日目)
8:00 朝食セッション「自分の人生や教育・研究に影響を与えた『本』や『映画』の紹介」
9:00 セッション3
 今年度後半のプログラムについて   酒井 博之(京都大学)
 DIYキットについて(グループワーク)
11:45 セッション4 第20回大学教育研究フォーラムに向けて
 大学教育研究フォーラムでの研究発表について


合宿の様子



活動報告の様子 (1)

活動報告の様子 (2)

ディナーセッション

朝食セッション

グループディスカッション

グループ発表

グループ発表

合宿を終えて

top of this page
Copyright ©2014 Center for the Promotion of Excellence in Higher education, KYOTO UNIVERSITY. All Rights Reserved.