KNOT

Kyoto university Nexus forOpen educational Treasure

きっと見つかる、あなたにぴったりな京大お宝教育コンテンツ

About KNOT

ようこそ、KNOTノットへ!

1.名称と目的

KNOTは、Kyoto university Nexus for Open educational Treasure(京都大学の公開する教育お宝コンテンツとあなたとを取り結ぶポータルサイト)の略称です。本ポータルサイトは、京都大学が保有する無料のオープンコンテンツ(講義・公開講座・シンポジウム等の映像データならびにそれらの場で使用された補助資料など)を、日々の学習・教育・課外活動において広く役立てていただくために開設されました。

KNOTでは、以下のようなコンテンツを楽しく配置しています。あなたにとってのお宝コンテンツをぜひ見つけてください。

  • おすすめコンテンツ

    ⇒高校生・高校教員におすすめのOCW/MOOCなどのコンテンツを紹介します。

  • インタビュー

    ⇒OCW/MOOCに関心のある高校教員などへのインタビューを行い、OCW/MOOCのユーザーなどの声を紹介します。

  • 活用アイディア

    ⇒高校生や高校教員、留学希望者が、OCW/MOOCを学習・教育に活用した事例や、活用のためのアイディアを紹介します。

  • 教えて!KNOTさん

    ⇒コンテンツを活用する上で気になる、著作権への対応やOCW/MOOCサイトの使い方などについて、会話形式でわかりやすく解説しています。

  • KNOT関連イベント報告

    ⇒KNOT関連で開催されたイベントをレポートします。

2.以下の方におすすめ

  • 高校生

    ⇒大学の授業の雰囲気を知りたい方、特に京都大学への入学を志望する方
    ⇒高校の学習範囲を超えた発展的な学習に関心のある方

  • 高校教員

    ⇒日々の教科教育をはじめ、総合学習、課題研究、部活動指導、教材研究等において、学習指導要領を超えた発展的な学問内容を生徒に伝えたい方
    ⇒生徒の大学調査や進路指導時に効果的な素材をお探しの方

  • 留学希望者

    ⇒日本の大学の授業の雰囲気を知りたい方
    ⇒京都大学への留学を志望する方

3.OCWとは?

OCW(OpenCourseWare)は、すべての講義を無償公開することを目的に、2002年にMIT(マサチューセッツ工科大学)が始めた取り組みです。講義ビデオや講義ノート、シラバス、小テスト等、公開されている教材は多岐に及びます。MITの取り組み開始以降、世界中でOCWを提供する大学が増え、今日ではOpen Education Consortiumという国際的なネットワークに成長しており、京都大学も会員として参加しています。
2005年より続く「京都大学OCW」では、実際に講義で利用されている教材をはじめ、多様な教材を公開することで、学内外の教職員や学生、京都大学を志願する高校生や、学びを深めたい社会人など、あらゆる方々に京都大学の教育と研究を知ってもらい、門戸を広げることを目的としています。

*京大のOCWについてもっと知りたい方はこちら!

4.MOOCとは?

MOOC(Massive Open Online Courses)は、インターネットを通じて配信される、無償または安価で受講できる講義で、「大規模公開オンライン講義」と訳されます。オンラインで講義を配信するだけでなく、一定の条件を満たした受講者には修了証が発行されることが特徴です。
2012年に配信が始まって以降、ハーバード大学やMITをはじめとする国外の一流大学だけでなく、東京大学や東京工業大学、一橋大学といった日本のトップ大学でも講義が配信されており、今日、高等教育の新しい潮流の一つとなっています。本学は2013年に、MOOCプラットフォームの一つであるedXに日本で初めて参加を表明し、チャーター校の一つとして、KyotoUx名義で講義を配信してきました。

*京大のMOOCについてもっと知りたい方はこちら!

5.サイトの使い方

①トップページ上部にある対象層ボタン(高校生・高校教員・International students)のなかから、あなた自身にあてはまるボタンをクリック(タップ)してください。
②ボタンの下方に、「探そう!/Explore!」と書かれた青色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリック(タップ)してください。

「探そう!/Explore!」と書かれた青色のボタンが表示
「探そう!/Explore!」と書かれた青色のボタンが表示

③選択した対象層におすすめの各種コンテンツが画面に表示されます。

選択した対象層におすすめの各種コンテンツが画面に表示
選択した対象層におすすめの各種コンテンツが画面に表示

Welcome to KNOT!

1.What is KNOT?

KNOT, an abbreviation of Kyoto university Nexus for Open educational Treasure, is a portal site for OCW and MOOC, which enables you to use teaching materials and lecture videos produced by Kyoto University to study by yourself, educate students, and enjoy extracurricular activities.

2.Who is KNOT for?

KNOT has been designed for international students interested in pursuing higher education in Japan, as well as Japanese high school students and teachers. KNOT provides you with a variety of lecture videos in English, which in turn familiarizes you with what Kyoto University’s education is like. If you have a good command of Japanese , don’t hesitate to also try some of the lectures in Japanese. KNOT is best for those who are planning to study in a Japanese university , specifically Kyoto University!

3.What is OCW?

OCW (OpenCourseWare) is an initiative that was originated at MIT in 2002 with the aim of making all university classes freely available to the public. The range of teaching materials published on OCW is diverse, including lecture videos, lecture notes, syllabus entries, and quizzes. Since its launch by MIT, OCW has been adopted by a growing number of universities worldwide and developed into an international network known as the Open Education Consortium. Kyoto University is a member of this network.
In continuous operation since 2005, Kyoto-U OCW offers public access to a diversity of teaching materials, including many of those used in actual classes. The aim is to open the Kyoto University's doors wider and make its education and research known to everyone, including students, faculty and administrative staff both within and outside the university, senior high school students seeking admission to the university, and working adults hoping to further pursue their studies.

*For more information, please see here

4.What is MOOC?

MOOC (Massive Open Online Courses) are online courses that can be taken for free or at low cost. The distinguishing feature of MOOC is that although they are made available online for everybody, only those students who complete a course can be qualified to obtain the certificate.
Since their launch in 2012, MOOC have been offered not only by leading international universities outside Japan, such as Harvard University and MIT, but also by top institutions in Japan including the University of Tokyo, Tokyo Institute of Technology, and Hitotsubashi University. They are becoming a new trend in higher education today. In 2013, Kyoto University announced to be the first institution in Japan to participate in edX, a platform for the delivery of MOOC. As one of the charter members of edX, Kyoto University has offered several courses under the name "KyotoUx."

*For more information, please see here

5.How to use KNOT

①Click/Tap the button “For international students”, located upward in the top page.
②Then, you see a blue button “探そう!/Explore!” coming up beneath “For international students” botton. Click/tap the blue button.

「探そう!/Explore!」と書かれた青色のボタンが表示
「探そう!/Explore!」と書かれた青色のボタンが表示

③Various contents which intrigue you are displayed. Find your favorite contents!

選択した対象層におすすめの各種コンテンツが画面に表示
選択した対象層におすすめの各種コンテンツが画面に表示
戻る
KNOT 利用者アンケート
京都大学高等教育研究開発推進センター
KyotoUx
KYOTO-U OPENCOURSEWARE
京都大学