学内からのご質問/Questions from KU members

本ページでは、高等教育研究開発推進センターに寄せられた学内からの質問への回答を掲載しております。

著作権

Q. オンライン授業における図表、画像、動画および資料に関する著作権の扱いについて、どのような点に注意して対応すれば良いでしょうか。
A. 2020年4月28日施行された改正著作権法第35条により、学校の設置者が各分野の権利者団体で構成される「指定管理団体」に補償金を支払うことを前提として、教育目的での利用であれば、公表された著作物を授業目的でインターネット経由で学生に配布することが、一定の範囲内において無許諾で可能となりました(ただし、著作権者の利益を不当に害するような利用等はできませんのでご注意下さい)。
「一定の範囲内」の内容については、ガイドライン指定管理団体(SARTRAS)のHP上で提示されています。

Q. 比較的最近発刊された全集から、各小品を最初から最後まで利用したいと考えていますが、この場合著作権の取り扱いについてどのような配慮が必要でしょうか。
A. 比較的最近発刊された全集からの抜粋ということですので、編集著作物(著作権法第12条)とみなされる可能性もあり、ご利用に際しては出版社に確認の上、必要に応じて許諾を得ておくと安心かと存じます。

Q. テレビ番組を録画したものを教材にする場合も、「授業目的公衆送信補償金制度」の対象でしょうか。
A. テレビ番組も著作物であるため、著作権法ならびにそこで定められた「授業目的公衆送信補償金制度」の対象に入ります。
ただし、複製・使用の範囲は「その授業で使用するために必要と認められる限度」となることは、対面授業と同様です。

Q. 授業で扱う資料や授業動画の著作権について、学生にどのようなことを伝えておくと良いでしょうか。
A. 授業で扱う著作物や授業動画の著作権について学生に伝え、その尊重を求めるための資料として、以下のようなものがあります。テンプレートとして、適宜改変してご利用ください。

授業運営

学生への連絡方法

Q. 履修登録をしている学生に連絡したい場合、どのような方法がありますか。
A. メール以外の方法では、本学の場合、KULASISもしくはPandAを介して連絡することが可能です。
ただし、PandAから「お知らせ」等のツールを利用して送信したメールでは、KULASISのような学生の既読・未読の確認はできません。確実に学生へメールが届いたかを確認されたい場合は、KULASISのメールをお使い下さい。

  • KULASISの場合、担当授業の「授業サポート」を選択し「授業連絡メール」を使って履修者(全体・個別)にメールを送信できます。
  • PandAの「お知らせ」ツールで学生メールアドレス宛に通知されます。「お知らせ」ツールを選定後、「追加」をクリック、件名・本文等を入力後、最後に「電子メール通知」で「すべての参加者」を選択すると、サイトに登録されている全受講者(教員、TAを含む)にメールを送信できます。
  • なお、通常、個人メールアドレスを利用し学生メールアドレスを利用していない学生に対しては、学生アドレスに届いたメールが個人アドレスにも届くよう、メール転送の設定をしておくようあらかじめお伝えください。

Q. PandAのサーバーが落ちた場合のバックアップとして、PandA以外に学生に連絡を取れる方法として、Google Hangoutsは利用できますか?
A. Google Hangoutsでは、講義毎のグループを作成し、招待リンクを学生に送信することでグループチャットが可能となります(学生がGoogleアカウントを持っているか、新規にアカウントを作成する必要があります)。
招待リンクはPandAまたはKULASISから受講者に送信できますが、教員側では受講者のメールアドレスを取得できないため、大学のアカウントから連絡を取るにはGoogle Form等を使うなどして個別に連絡先を収集する必要があるかと思います。
他の外部チャットツール(Slack、LINE等)でも、同様に学生のアカウント作成が必要となりますが、学生個人のアカウントを授業で利用される場合は、事前に学生から同意を得ておかれると安心かと存じます。

双方向性の担保

Q. オンラインで(KULASISやPandAを通じて)課題を出す場合に、十分な双方向性を保つためのフィードバックの方法としてどのようなものが考えられますか。
A. KULASISでも課題を提出することはできますが、学生の成果物(レポートなど)を受け取ることはできず、双方向性を担保することが難しいので、PandAを利用されることをお勧めします。
PandAを利用した場合、まずは、「お知らせ」でフィードバックがあることを全員に知らせてください。その上で、例えば次のようなフィードバックの方法が考えられます。

  1. 「課題」で個々の学生にフィードバックする(成績とコメントを返す)【成績に加えたい場合など】
  2. 学生の成果物を「リソース」にアップし、「フォーラム」や「チャット」で学生同士、議論させる【成績に加えるのは難しいですが、学生同士の双方向コミュニケーションも意味があります】

評価

Q. オンライン授業における評価について、どのような方法があるでしょうか。
A. こちらのページ(オンライン授業で、学習をどう評価するか)をご覧ください。

講習会

Q. 各種講習会の情報はどこに掲載されていますか。
A. こちらのページには、2020年3月27日から2021年12月23日までに高等教育研究開発推進センターが実施した学内講習会全59回のアーカイブ資料・動画が掲載されています(学内限定)。

TA講習会で寄せられた質問

以下の7つのQ&Aは、これまでに実施したTA向け講習会で、参加したTAの方から寄せられた質問とそれに対する回答です。

Q. オンライン授業中に、学生同士で情報交換させたり交流させたりする方法には、どのようなものがありますか。
A. Zoomを利用する場合「ブレイクアウトルーム」という機能が有名です。ミーティングを最大50の別々のセッション(「ルーム」)に分割する仕組みです。受講生をグループ分けし、それぞれ異なるルームに割り当て、その中で話し合いをしてもらうことができます。ホスト権限をもっていれば、一人で異なるブレイクアウトルームを移動することもできます。
「ブレイクアウトルーム」について、詳しくはこちらをご覧ください。
その他の方法については、本サイト内「オンラインで行う授業で、コミュニケーションをどう取るか?」のページで紹介していますので、そちらをご覧ください。

Q. 実験・実習・演習系の授業を実施する際に注意しておくべき点や、授業としての質を高める方策としてどのようなものがありますか。
A. 実験・実習・演習系の授業をどのようにオンラインで行うのか、ということについては、それぞれの部局によって対応が異なります。ただ、文系の演習はまだしも、実験・実習は、すべてをオンラインで行うのは無理だということを認識してください。たとえば実験や実習の手続きを動画で見せることは可能ですが、実際にやってみることはオンラインでは無理です。どの部分はオンラインで置き換え、どの部分は対面授業が可能になったときに補うかを、授業担当の先生と確認しておくことが必要です。

Q. PandAやZoomなどを用いる際、オンライン授業における著作権やプライバシー保護のために、学生たちにどのような点を伝えれば良いですか。
A. 本サイト内「学生に何を伝えるか」のページで学生への連絡の具体例を掲載しています。そちらをご参考ください。

Q. Zoomを用いる場合、通信環境が悪い学生や通信制限のある学生に対して、どのような対応を取ることができますか。
A. 授業提供側として学生の通信量を抑える工夫として、例えば、

  • 基本的に履修生側のビデオはオフにしてもらう(発言をする時やブレイクアウトルームにおけるグループディスカッションの時のみビデオをオンにするなど)
  • PPTの資料はあらかじめPDFにしておくといった方法があります。

機材

Q. オンライン授業を行う上で、どのような機材が必要でしょうか。
A. どのように授業をおこなうかにより、準備が必要な機材は変わってきます。例えば、以下のようなケースが考えられます。

a) 研究室等で、ノートPCを用いてスライドの全画面表示と教員の顔を切り替えて提示するケース
【教員側】
研究室でZoomの会議室にアクセスしている端末(ノートPC等)が1つだけの場合、PCに備わっている内臓カメラ・マイクでも可能です。
・ハウリングが起きる場合は、PCにイヤフォンを接続して利用すると多く の場合は解決します。
・外付けのウェブカメラ(マイク内蔵の商品もあり)や、スピーカフォン(エコーキャンセル付の機器が多い)も必要に応じて利用します。
【学生側】
教員と同様に、端末単体では接続に問題ない場合もありますが、念のために受講者全員にイヤフォン利用を前提とすることをおすすめします。
・ホスト側から参加者のビデオ/マイクをオフにする機能をZoom側で持っています。
b) 研究室等で、ノートPCの画面と、ホワイトボードでの板書を切り替えながら提示するケース:上記のケースに加え、板書を併用する場合、PC画面と板書の2画面を切り替える必要があります。
【教員側】
板書の撮影用に、外部のビデオカメラ等を利用し、HDMIやUSBケーブル等(場合によっては信号変換用のアダプタが必要)でPCと接続し、その映像信号をZoomで選択することができます。
・PC画面は「画面を共有」で選択、ビデオ映像はZoom内の「カメラ」で選択可能な映像を選択することで、画面が切り替わります。
・板書用に外付けのビデオカメラを用意する場合、HDMI等のPCへの接続ケーブル、電源ケーブル、有線・無線のマイク等、必要なケーブルの種類や長さ、音声のPCへの接続方法などを事前に確認しておく必要があります。
・特に板書の撮影について、ビデオの撮影方向を適宜変更する必要がある場合、TA等の補助者が必要となります。
【学生側】
同上
c) 教室等で、黒板に板書して授業を進めるケース:教室内で教員が黒板に板書をしながら授業をおこない、ビデオカメラで撮影した映像をZoomで配信するケースも考えられます。
【教員側】
この場合、外部のビデオカメラを準備するとともに、教員の音声をPCに入力するための手段が必要となります。
・板書を撮影するビデオカメラ(場合によっては教員のアップの切り替え用に2台以上も可)を別途用意し、TA等がカメラのズームやパン(方向)の操作を担当することが望ましいです。マイク(音声)のZoomへの入力は、AV機器から直接出力を音声ケーブル等を介してPCに入力できるかを確認します。ワイヤレスマイクを利用することも考えられます。

Q. Zoomで授業中、共有画面の確認用にスマートフォンからもログインしたところ、音声がハウリングしてしまいました。一度に複数端末を使ってオンライン会議システムを利用するに際して、どのようなことを気をつけたらよいでしょうか。
A. こちらのページで、一つの部屋で複数の人が各々オンライン授業に参加するような場合を含め、複数端末を利用する場合の注意点が整理されています。ご参考ください。

Q. 現在、後期の授業の実施形式を検討しています。もし仮に、一部の学生に対して教室で対面授業を行うとともに、残りの学生に対してはその授業をオンラインで配信するような、対面とオンラインを同時併用したライブ授業を実施したいとなったときに、どのような点に注意しておけばよいでしょうか。
A. こちらのページ、並びに、こちらのページに情報がまとまっています。ご参考ください。

PandA

Q. PandAを使用できるのは履修登録を行った学生に限定されるのでしょうか。履修登録確定までの取扱いはどのように行えば良いでしょうか。
A. PandAには、KULASISで履修登録をおこなった学生が登録されています。学生がKULASISから予備登録をすれば、翌日にはPandAに反映され、履修登録以前であってもPandAを使えます。PandAの各コースサイトには、履修登録をおこなった学生と担当教員、PandAの「サイト情報」で事後的に追加した参加者(TA・学生など)以外はアクセスできません。

Q. PandAの「お知らせ」は、履修している学生にどのようなかたちで通知されますか。
A. PandAのコースサイトに登録されている学生には、「メールで通知」を選択すると、その内容は学生メールアドレス宛に通知されます。普段、学生メールとは別の個人メールアドレスを利用している学生は、メールの転送の設定を各自でおこなう必要があります。KULASISに登録されておらず、PandAで個別に(メールアドレス等を使って)登録した教員、TA、学生にもお知らせで送信したメールは届きます。
・PandAで個別に教職員、TA、学生を追加するには、PandAのコースサイト内で「サイト情報」>「参加者を追加」に進み、SPS-ID・ECS-ID等の情報で参加者を追加できます。追加時に「教員」「TA」「学生」いずれかの権限を付与できます(「PandA公式ガイドブック」参照)。

Q. 学外の非常勤講師も、PandAやZoomを用いたオンライン授業を行うことは可能でしょうか。
A. はい。非常勤講師を含めた教員がPandAとZoomをご利用になれます。
参考:「PandAでZoomを使う」(京都大学情報環境機構作成、2020年4月30日公開)

また、PandAのコースサイトでは、担当教員に加えて技術職員等、TA等を追加することができます。SPS-IDやメールアドレス等で個別にPandAのコースサイトに登録した者は、Instructor権限を付与することで、教材の管理などが行えるようになります。

Q. PandAのコースサイトは、教員の代わりに職員等の授業スタッフが運営することはできますか。
A. KULASISでのPandAのコースサイト作成はおこなって頂く必要がありますが、コースサイト作成後、PandAで個別に教職員等を追加することができます。PandAのコースサイト内で「サイト情報」>「参加者を追加」に進み、SPS-ID・ECS-ID等の情報で参加者を追加できます。追加時に「教員(Instructor)」の権限を付与できます(「PandA公式ガイドブック」参照)。

Q. 複数教員で一つの科目を担当する場合、PandAの一つのコースサイトを担当教員ごとに分割することはできますか。
A. PandAの一つのコースサイトは、複数の教員ごとに分割して利用することは仕様上できません。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

Q. PandA上で講義動画を視聴させるにはどうすればよいですか。
A. ストリーミング再生してもらうことを想定している場合、PandAの「メディアギャラリ」という機能をご利用ください。「メディアギャラリ」の機能については、京都大学情報環境機構「学習支援サービス(PandA)」をご覧ください。

PandAの「授業」ツール内で、Zoom(クラウド保存の場合)やYouTubeの動画の埋め込みリンク(URL)を使うことで、コースサイトから動画にアクセスすることもできます。

Q. PandAのコースサイトに、「テスト・クイズ」「フォーラム」等のツールを追加するにはどうすればよいですか。
A. コースサイト内で、「サイト情報」>「ツールを編集」へ進み、利用するツールにチェックマークを入れることで追加できます(「PandA公式ガイドブック」参照)。

Q. PandAに提出された課題を、一括してダウンロードする方法を教えてください。
A. 以下の手順でPandAから課題を一括してダウンロードすることができます。

  1. 「課題」ツールへ進み、ダウンロードしたい課題名の下にある「採点」をクリックします。
  2. 受講者名一覧ページの上部にある「すべてダウンロード」をクリックします。
  3. ダウンロードのオプションから「すべて」にチェックを入れて「ダウンロード」をクリックします。
  4. 「bulk_download.zip」というファイルがダウンロードされます。そのファイルを展開していただきますと、「課題名のフォルダ」の中に「個別の学生のフォルダ」が作成されています。
  5. その中の「提出物の添付ファイル」というフォルダに、学生から提出されたファイルが保存されています。

Q. コメントをつけた学生の課題を、一括してPandAにアップロードして返却する方法を教えてください。
A. 以下の手順で学生に返却するファイルを一括してPandAにアップロードすることができます。

  1. コメントをつけた課題を、PandAから一括してダウンロードした時に作成された「課題名のフォルダ」の中にある「個別の学生のフォルダ」内の「フィードバックの添付」というフォルダに保存します。
  2. 課題が保存された「課題名のフォルダ」をzipに変換します。
  3. PandAのナビゲーションメニューの「課題」へ進み、アップロードしたい課題名の下にある「採点」をクリックします。
  4. 受講者名一覧ページの上部にある「すべてアップロード」をクリックしてください。
  5. アップロードのオプションから「フィードバックの添付」にチェックを入れて「アップロード」をクリックします。
  6. 課題が受講者に返却されているか確認するようにしてください。
注意:一括アップロードのところで、「アップロードされた情報を公開しない(後で公開可)」を選択した場合、「成績を開示」する必要があります。

Q. 課題の採点結果を、一括してPandAにアップロードする方法を教えてください。
A. 以下の手順でPandAから課題を一括してアップロードすることができます。

  1. PandAから一括してダウンロードした時に作成された「課題名のフォルダ」の中にある「grades」というエクセル(またはcsv)ファイルに得点を記入してください。
  2. PandAのナビゲーションメニューの「課題」へ進み、アップロードしたい課題名の下にある「採点」をクリックします。
  3. 受講者名一覧の右上にある「すべてアップロード」をクリックしてください。
  4. アップロードのオプションから「EXCEL フォーマット, grades.xls ファイル」(または「CSV フォーマット, grades.csv ファイル」)にチェックを入れて「アップロード」をクリックします。
  5. 一括で採点結果を返却することができます。

Q. 課題採点支援ツールがあると聞きました。何ができるのか、どのようにして使うのか教えてください。

A. 京都大学情報環境機構が開発・公開したPandAの課題採点支援ツール「PandA 課題採点支援ツール mksummary」というツールを使うと、PandA での課題を一括ダウンロードして一覧をWeb ページとして構成し、採点結果を PandA に一括アップロードすることができます。 またコメントや採点をデフォルト入力しておくこともできます。

こちらの学内限定ページでマニュアルとダウンロード用パッケージが公開されていますので、詳しくは、そちらをご覧ください。

Q. フォーラムに提出された課題の採点方法について教えてください。
A. 以下の手順でフォーラムの課題を採点することができます。

  1. 「成績簿」ツールの「成績簿アイテムを追加」をクリックします。「タイトル」は「第1回課題」などわかりやすいものを任意で入力してください。「成績簿アイテムの点数の値」は、各課題の満点を数字で入力してください。
  2. 「フォーラム」ツールに移動し、採点したい提出物の成績を入力していきます。
    ・ フォーラム全体の場合は、フォーラム名の横にあるMore から「成績」をクリックしてください。
    ・ スレッドの場合は、スレッドに表示されている「成績」をクリックしてください。
  3. さきほど、追加した成績簿アイテムを選択して点数を入力してください。成績簿のすべての成績に反映されます。同じ成績簿アイテムを選択すると、最後の採点結果に上書きされます。
  4. 「成績簿」ツールの「すべての成績」で全体の入力結果を確認することができます。成績のデータはエクセルにエクスポートができます。

Q. 同一授業を「別授業名」で開講している(学部/院共用、他部局開講の相乗り科目)PandA のサイトを複数の科目で使う方法を教えてください。
A. こちらを参照して、主とする講義のPandAのコースサイトを作成・管理してください。追加作業を行うことで、学生名簿は随時更新されます。

Q. PandAに関する情報は、他にどこを見れば良いですか。
A. 以下のリンク先にPandAに関する情報が整理されています。ご参考ください。

Zoom

       

Q. Zoomの利用に関する情報についてはどちらをみればよいですか?
A. Zoomについては、情報環境機構の以下のページをご覧ください。
・参考
  京都大学 Panda/Zoom/Kaltura利用支援サイト
  全学Zoomサービスポータル

その他

データダイエット

Q. 「データダイエット」という言葉を最近よく聞きますが、何ですか。また、具体的な方法にはどのようなものがありますか。
A. 「データダイエット」とは、オンライン授業中に送受信するデータを削減する試みを指す言葉です。
(参考)「データダイエットへの協力のお願い:遠隔授業を主催される先生方へ」(国立情報学研究所、2020年5月7日付)

例えば、Zoomを使用する場合、以下のような方法があります。

  1. カメラの使用について
    カメラを使用することで、データの送受信量は増加します。受講生のカメラ、教員のカメラともに、必要と思われるタイミング以外はオフにすることで、データ送受信量を大きく減らすことができます。
  2. 画面共有について
    画面共有時も、データは送受信されます。データ量を減らすには、画面共有をする側のPC・アカウントで
    (1)共有するウインドウのサイズを小さく*する(全画面表示は用いない)
    (2)画面共有時の、データ送信回数(fpsレート)を設定で小さくする
    という方法があります。
2-(2)は、PCアプリ上の「設定」>「画面を共有」を選択>右下にある「詳細」>「画面共有を[ ]フレーム毎秒に制限する」という項目中の[ ]内を設定する という形で設定でき、以下の、群馬大学井上仁先生のFacebookへのご投稿が参考になります。
また、国立情報学研究所主催シンポジウムでの東京大学吉田塁先生のご報告によれば、[ ]フレーム毎秒の数字は、4あれば十分視認に耐えうるとのことです。ご参考ください。 *ウインドウのサイズですが、多くの場合、横幅が1000 pix(通常のフルHDディスプレイの横幅の半分強) もあれば、受講生側でも資料を十分に視認することができます。逆に教員側が、2Kや4Kの高解像度ディスプレイを用いて、そこで全画面表示で資料を共有したりすると、送受信容量は跳ね上がります。気をつけてください。

YouTube

Q. オンデマンド型で授業を行うにあたって、Zoomで録画した動画をYouTubeに「限定公開」の形でアップロードし、そのURLを学生に伝えて勉強してもらっています。ただし、YouTubeの設定上、15分以上の動画だとアップロードできず、困っています。何かいい方法はあるでしょうか。
A. YouTubeの設定を変更することで、15分以上の動画もアップロードできるようになります。設定方法については、こちらをご覧ください。

Mentimeter

Q. Mentimeterは授業で双方向性を保つツールとして利用可能ですか。
A. はい。以下に使い方に関する情報を掲載しています。
(参考)Mentimeter の使い方(Teaching Online)