活動報告

学校と社会をつなぐ調査(通称:10年トランジション調査) 第2回調査分析結果報告&シンポジウム 
於:キャンパスプラザ京都

趣旨

京都大学高等教育研究開発推進センターと学校法人河合塾は、高校2年生(全国約400校、4.5万人が参加)の学習や学校生活、キャリア形成等を通しての成長を、大学生・社会人まで約10年間追跡調査する「学校と社会をつなぐ調査(通称:10年トランジション調査)」を、2013年から推進しております。
2013年に高校2年生だった参加者が昨年大学生になり、2時点目の調査(2015年11月)を実施しました。分析の結果、高校生のときの学習や対人関係・キャリア意識が、大学生になっての学習や成長にどのように影響を及ぼしているのか、いま話題になっている資質・能力はどのくらい変化するのかが明らかになってきました。
報告会では、調査の問題背景、主な結果を報告するとともに、3人の識者より「高大接続の観点から」「受け入れる大学側の立場から」「ある地方高校の現場調査の観点から」コメントをいただき、また生徒・学生を送り出す高校側の視点も交え、議論を深めてまいります。
新しい時代における学校教育の社会的役割を、教育現場の皆さまと、データをもとに議論していくための、ひいては議論を通して教育実践を変えていくための調査であります。高校・大学等教育関係者のご参加をお待ち申し上げます。

プロジェクト企画者:溝上慎一(京都大学教授)

プログラム・配付資料 

9月24日(土)(12:30~17:30)
挨拶

飯吉 透(京都大学教授 / 高等教育研究開発推進センター長)

信實秀則(学校法人河合塾教育イノベーション本部本部長)

調査報告

溝上 慎一(京都大学教授)「なぜ10年トランジション調査か」
            「高校2年生から大学1年生にかけて生徒はどう成長したか」(スライドPDF

報告書:京都大学高等教育研究開発推進センター・学校法人河合塾 (編) (2016). 「学校と社会をつなぐ調査」2時点目成果報告書(ダイジェスト版)(2016年9月24日) (報告書PDF

コメント  コメント1 安彦忠彦(神奈川大学特別招聘教授・名古屋大学名誉教授)「高大接続の観点から」(スライドPDF
 コメント2 内村 浩(京都工芸繊維大学教育研究基盤機構教授) 「受け入れる大学側の立場から」(スライドPDF
 コメント3 椋本 洋(学校法人追手門学院教育特別顧問) 「ある地方高校の現場調査の観点から」(スライドPDF
パネルディスカッション

登壇者・高校教員によるディスカッション ※フロアーからの質疑も含む
沓谷恭子(京都市立塔南高等学校教頭)(スライドPDF
佐藤 透(桐蔭学園中学校・高等学校教諭・入試広報部長)(スライドPDF

司会 成田秀夫(学校法人河合塾教育イノベーション本部開発研究職)

    

Page Top