サイエンスコミュニケーター

小中高大連携事業〜サイエンス・コミュニケーター・プロジェクト2011〜

 京都大学では「小中高大連携事業〜サイエンス・コミュニケーター・プロジェクト〜」として、京都大学で博士学位を取得した若手研究者による出前授業・オープン授業を実施しています。
高等教育研究開発推進センターでは、2010年度に引き続き、サイエンス・コミュニケーター・プロジェクトに参加する若手研究者に対して、事前研修などでの支援を行います。

サイエンス・コミュニケーター: 科学技術は日々進化を遂げ、私たちの生活を豊かにしてくれます。しかし、その科学技術を理解することはますます困難になりつつあるのが現状です。高度な内容をわかりやすく伝えることにより科学技術と人との架け橋となる、それがサイエンス・コミュニケーターの役目です。

サイエンスコミュニケータープロジェクトの概要はこちら(PDF:467KB)をご覧ください。

2011年度実施スケジュール

6月13日(月)

6月29日(水)
出前授業・オープン授業希望学校募集期間
〔具体的な授業実施日時・場所は講師と受講学校側とで調整のうえ決定します〕
6月30日(木) オリエンテーション( 場所:吉田南1号館2階会議室)
7月8日(金) 事前研修〔模擬授業等〕(場所: 吉田南1号館1階会議室)
7月14日(木)

11月25日(金)
出前授業・オープン授業実施期間
11月30日(木) 実施報告会(場所:吉田南1号館1階会議室)














事前研修


日時:7月8日(金)13:30〜18:00
場所:吉田南1号館

内容
13:15〜 受付
13:30〜 研修会開会の挨拶
                  高等教育研究開発推進センター センター長 田中 毎実
13:40〜 参加者の自己紹介
13:50〜 サイエンス・コミュニケーター事前アンケート
14:00〜 ミニ講義1 「学校での立ち振る舞い:ビジネスマナーについて」
                   教育推進部教務企画課 清水 克哉
14:15〜 ミニ講義2 「授業方法の工夫:昨年度の出前授業の経験から」
                   司会:高等教育研究開発推進センター 特定助教  半澤礼之
                       霊長類研究所 生体保全分野 教務補佐員 郷もえ
                       理学研究科 研究員(グローバルCOE) 岸田拓士
14:50〜 模擬授業のグループ分けと自己紹介、模擬授業にあたっての説明
15:00〜 移動・休憩
15:10〜 前半グループ模擬授業(10分×4名 ディスカッション約40分)
16:30〜 休憩
16:40〜 後半グループ模擬授業(10分×4名 ディスカッション約40分)
18:00〜 移動
18:05〜 各グループの報告
18:15〜18:30 全体のまとめと研修会閉会の挨拶
                 高等教育研究開発推進センター 教授 大塚雄作
                 高等教育研究開発推進センター 特定准教授 及川 恵
 

事前研修の様子

トップに戻る




実施報告会


日時:11月30日(木)15:00〜17:00
場所:吉田南1号館
参加者:教育推進部2名、センター教員2名、プロジェクト参加者14名
全体司会:半澤礼之(高等教育研究開発推進センター)

内容
14:45〜 受付
15:00〜 プロジェクト実施概要報告
                   教育推進部 教務企画課 清水 克哉
15:05〜 若手研究者によるプロジェクト参加報告
16:20〜 全体討論:サイエンス・コミュニケーター・プロジェクトをより良いものにするには
                   司会:高等教育研究開発推進センター 特定助教 半澤礼之
16:25〜 高等教育研究開発推進センター教員からのコメント
                  高等教育研究開発推進センター 教授 大塚雄作
                  高等教育研究開発推進センター 教授・センター長 田中毎実
16:40〜 修了証明書授与
                  高等教育研究開発推進センター センター長 田中毎実
17:00  終了
 

実施報告会の様子

トップに戻る


プロジェクトについて


ページの先頭へ