文学研究科プレFD

2013年度後期プログラム

 2009年前期より、京都大学文学研究科とFD研究検討委員会が共同主催する「文学研究科ODによる連続公開ゼミナールとその検討会」が行われています。これは、いわゆるOD(オーバードクター)という正規ファカルティの予備集団のためのプレFDプロジェクトであり、全国的にみても他に類例のない、きわめて先進的な試みです。

 本プロジェクトでは、文学研究科の思想文化学系、現代文化学系、行動文化学系に在籍するODが分担してゼミナールを実施します。このすべてを学内に公開し、毎回の授業終了後、授業検討会を行います。これらの授業実施を受けて、前期1回、後期1回の計2回、研修会を開催し、授業分担と研修会受講を条件として、参加者には総長名の修了証が授与されます。

 高等教育研究開発推進センターは、本プロジェクトにおいて、公開授業検討会への参加や研修会の企画・実施等の支援を行っています。



2013年度後期講義リスト

■行動・環境文化学系ゼミナール Ⅱ(木曜5限/文学部第7講義室)

10月3日
10月10日
別役 透 動物のナビゲーションに関する比較認知科学
10月17日
10月24日
平松 千尋 霊長類における色覚の機能と進化
11月14日
11月28日
北島 義和 農村アクセス問題とは何か―私的所有と公共の利益の狭間―
12月5日
12月12日
西川 純司 インフラストラクチャーの社会学―モノからみる社会
12月19日
12月26日
安井 大輔 多文化接触領域の食からみるエスニシティ
1月16日 水野(藤井) 英莉 生殖技術とジェンダー
1月23日
1月30日
山内 熱人 メキシコの農村文化とその生活


■哲学基礎文化学系ゼミナール Ⅱ(木曜2限/文学部新4講義室)

10月3日
10月10日
10月17日
10月24日
10月31日
梅野 宏樹 悪いことばかりの世界に神なんかいない......のか?
11月7日
11月14日
11月28日
末永 絵里子 考えることを考える―「問題系(プロブレマティック)」とは何か
12月5日
12月12日
12月19日
岩井 謙太郎 キリスト教思想入門
12月26日
1月9日
1月16日
上原 潔 宗教多元論とキリスト教
1月23日 後期のまとめ

■基礎現代文化学系ゼミナール Ⅱ(木曜5限/文学部第1講義室)

10月3日
10月10日
10月17日
冨永 望 京都市水道百年史
10月24日
10月31日
11月7日
川嵜 陽 朝鮮における「皇民化」政策と朝鮮
11月14日
11月28日
12月5日
坂 堅太 戦後日本の「労働」表象について
12月12日
12月19日
12月26日
岡内 一樹 現代社会と環境との関係について
1月9日
1月16日
1月23日
藤川 直也 存在しない者について語る―マイノング主義入門

プロジェクトについて


ページの先頭へ